[スズメバチを擬人化してみた]

 樹木の洞、ひっそりと黄金色の城が建っていた。

 城の底、ぽっかり開いている口から出てくる者が一人。樹洞から羽音を響かせながら飛び出してきたその姿は、アマゾネスを思わせるような女性だった。百八十はある背丈に、黒のエナメルのブラジャーしか上半身に着けていないために誇示できる割れた腹筋。ブラと同じく黒エナメルのショートパンツを穿き、黄と黒の縞模様のタイツを纏った脚は脂肪ではなく、筋肉で太いのだということがわかる形をしていた。

 茶色の翅を羽ばたかせ、オレンジに近い金髪をベリーショートに整えた頭に生えている触角を小刻みに震わせながら、鬱蒼としているなか凛々しい顔を険しくして飛んでいる。……突然、空中で止まると木の根元を睨んだ。

 土中から突き出ている根を這っている、四肢のない太った男がいた。「イモムシ」と認識した女兵の行動は素早い。革のグローブを嵌めた手に握っていたスピアを構え、イモムシの背中を狙って急降下する。愚鈍なイモムシは、皮膚すれすれまで太い針が迫っても気づかなかった。

 スピアの針は皮膚のコラーゲン繊維を切断し、刺さっていく。背骨を貫き、大動脈を傷つけ、さらに駄目押し、スピアに内蔵されている様々な毒物質の混ざった、巨人でさえ屠れる毒のカクテルを注入する。イモムシは悲鳴を上げることなく、ただ小さく呻き、そして絶命した。

 イモムシの後頭部をブーツのピンヒールで踏んづけ、スピアを抜く。蓋をなくした傷口からは血が湧いた。イモムシの体を蹴って転がし、触って肉質を調べてから腰のベルトに下げているナイフを取り出す。質のよさそうだった胸と腹の肉を削ぎ、こねて肉団子を作った。

 収獲を持って、帰路に就く。途中、新鮮な肉を手にしているのにも拘わらず、樹液を吸ってエネルギーを摂取した。城のある樹洞からは、背丈にやや差異はあれど次々と女兵と同じ容姿をした兵が現れる。そのうちの一人と薄い唇を合わせて、口内に残しておいた樹液を分け与えた。

 黄金色の城に帰る。壁に真綿のようなサナギがいくつか張りついている廊下を、忙しそうに動き回る女兵たちと擦れ違いながら進んだ。向かうのは、姫君の部屋。

「失礼致します。お食事をお持ちしました」
「……ご苦労様」

 片膝をつき恭しく礼をしてから、テーブルの上の皿に肉団子を載せる。開けた部屋で椅子に座り、華奢な脚をプラプラさせている姫君はまだ翅もなく、幼い。クリーム色のドロワーズを穿き同色のベビードールを着て、女兵たちとは違って髪は黒く、柳腰に届くまで伸ばしていた。

 フォークとナイフで肉団子を切り分け、羽化する前で顎の力が弱い姫君の代わりに女兵が肉を噛む。そして口移しで姫君に食事をさせた。姫君の唇は柔らかく弾力があって、肌は独特の甘ったるい香りを発しており女兵の鼻腔を擽る。他の女兵や、オスからは得られない気持ちよさだ。肉団子がなくなると口を離し、姫君が女兵の唇を最後に一舐めする。女兵は礼をして、去っていった。


 孵化してから、適当に分配される肉のなかで一人、偶然にも質のよいものを口にしてきた姫君は育つと女兵たちとは違う容姿と、香りを持った。それから姫君扱いされるようになり、よい肉は姫君に与えられた。

 後々、一族を引き継ぐという重大な役目がある姫君の体は大切にされ、羽化しても勿論女兵のように働くことはない。

 そして、働かぬ者はあともう一団。オスである。

 女兵たちはしばらく狩りを続けたが、姫君へ献上する分を最優先したら他の者には十分行き渡らない量しか肉が取れなかった。

 女兵の一人が世話をするためにオスの部屋へ向かう。しかし、その手に肉は携えられていない。

 オスの部屋の広さは姫君の部屋と同じくらいだが、何十人といるせいで狭く感じる。全員首には革の首輪を着けて、首輪からは鎖が伸び、それは壁に繋がっていた。オスの肢体は華奢な姫君より細く、脆弱。ドロワーズ一枚だけを穿いて、露わの上半身は薄ら浮き出ている肋骨とへこんだ腹部がなんとも痛々しい。

 羽化すれば背丈だけは女兵の小柄な者を越えるが−−しかし、百八十を越えるオスはいない−−女兵ほどの筋力がなく、狩りができなければスピアも扱えない。故に働けないのである。

 女兵が俯いているオス一人一人の少女と見紛いそうな顔を柔らかな金髪を掴んで上げさせ、健康状態をチェックしていく。一人、頬の痩けた、切れ切れの呼吸をしている今にも死にそうなオスがいた。唐突に、女兵がナイフでそのオスの胸を刺す。刃は肋骨の間を通って心臓を突き抜き、オスはわずかに痙攣してから息絶えた。ナイフを抜き、首輪を外して死体を横たえさせ、女兵がオスを解体しはじめる。

 周りのオスは視線にやや哀れみを込めつつ、大人しく様子を傍観していた。……殺したオスの肉を含み、咀嚼してから女兵はオスたちを巡り、食事をさせた。皆、弱々しく女兵の口を吸う。

(まだ、死んではいけないッ……!)

 数人、弱々しくも必死に女兵と接吻して、唾液と血で糸を引く兄弟の肉を受け取るオスがいた。食事しながらドロワーズの中、幼いペニスを硬くしている。女兵に興奮している訳ではない。まだ見ぬ姫君を思っているのだ。

 メスより弱いオスの唯一の役目は、姫君に種を捧げること。自然界が与えた感情なのか、あるいは離れていても姫君の蠱惑的な香りを嗅ぎ取れるのか、オスは姫君のことを思うと恋患いしている乙女のように胸が苦しく切なく、そして股間は熱くなる。姫君と番いになるためには生き抜き、交わる前に行う厳しい儀式も乗り越えなければならない。姫君に対する熱情が、オスたちの生きる気力であった。

 肉を噛み、オスたちを巡る。それを何回か繰り返し、ほとんど骨になったオスを担いで女兵は部屋を出ていった。骨を城の真下に捨ててから、女兵は思案する。−−これ以上、オスが減るのはまずい、と。

 オスは女王が、未受精でもいくらでも産める。が、姫君の羽化はもうそんなに遠くない。大人になったら、交わりの儀式などすぐだ。

←前次→

[一覧に戻る]

- XRIA -