[ソドムの健気な人形たち]

 西暦二×××年。自らの変態性欲に苦しんでいる人々を救うために、変態愛護団体はある高級ダッチワイフ「ソドムドール」を何度も試行錯誤を重ねた結果、ついに完成させた。

 自慰や一般的な性風俗店ではもう癒されない性衝動を秘めた人々が、我慢の限界を迎えていつか罪を犯してしまう前に、このソドムドールがおおいに官能を慰めてくれる。去勢手術より、健康的な性犯罪抑止である。

 ここにドールたち一部の紹介を、客たちの豊かな想像力がなした遊びの実例をまじえつつ記す。


・少女のソドム。


 タイプ一「フランソア」は、十八歳くらいの外見で作られた少女である。冷ややかな印象の切れ長の眼と、すっと通った美しい鼻梁と、薄い唇。つややかな黒髪はボブに切り揃えられていた。

 鼠を連想させるような顔をした客の男が、届いたばかりの一糸纏わぬフランソアを棺桶形の箱から出して、さっそくベッドへ寝かせた。骨のような指を浅く上下している胸に這わせる。人間とまったく変わらない柔らかな感触に男は歓喜した。

「一生懸命、働いた甲斐があった……」

 畳臭く、狭い部屋だ。男はよれよれのスーツを脱いで、フランソアを恋人のように抱きはじめた。

 白い肌を舌で汚されるたび、フランソアは身を小さく震わせる。陰核を執拗にくすぐられると女陰は湿った。

 フランソアは心地好さそうに鳴いている。しかしソドムドールに、はっきりとした感覚はない。触れられたら箇所によって、そう反応するようにプログラムされているだけだ。溢れ出す蜜は膣液に似せた、ただのローション。

 視覚を充分に満足させた男は膣に指を捩じ込み、ほぐしてから勃起した細長い男根を挿入した。華奢な脚を抱えて、男は夢中で貪る。

 腰を打ちつけられるたび、フランソアは快楽とも苦しみともつかない声を上げた。ソドムドールの内部は普通の人間より具合がいい。男は早い放出の直前、フランソアが後頭部を載せている枕の下に手を突っ込んだ。

 取り出したのは大振りのナイフ。揺れる形よい乳房を、男は深々と刺した。

 フランソアが甲高い悲鳴を上げると同時に、男は精を注ぐ。刃の切っ先は乳首を貫いていた。ナイフが立つ乳房を掴み、揉みながら男は再び腰を振る。

 乳房の中身をえぐられるたび、フランソアは発狂した。前述と同様にソドムドールに痛覚はない。傷を受けたらそう反応するように、プログラムされているだけだ。

 男はフランソアの中で元気を取り戻す。快楽に叫び声を上げながら、二度目の放出をしつつナイフを乳房の鞘から引き抜いた。男は獣のように息を荒げながら、興奮に任せてフランソアの全身をナイフで突く。

 悲鳴は次第にか細くなり、フランソアは停止した。

 男根を抜いて、現実感のある開いた傷口を男は舐める。血液に似せた鉄臭い液体を啜り、満足そうに笑んだ。しばらく余韻にひたってから、男はフランソアを棺桶形の箱にしまう。

 修理は三回まで無料だった。


 タイプ二「レイチェル」は、フランソアと同じ年頃の外見で作られた少女である。くりくりとした愛らしい眼と、小作りな鼻と、ぷっくりと膨らんだ唇。栗色の柔らかな髪は長いみつあみにしていた。

 洋風の居間で、客の男はよく肥えた体をソファーに沈めている。その前でレイチェルは絨毯に正座していた。レイチェルの眼の前には、ゆで卵が何十個も盛られた銀のボウルが置かれている。そして、レイチェルも男も裸だった。

「さあ、噛むんだ」

 レイチェルは頷くと、ゆで卵を一つ口に運ぶ。

「違う。もっと口を開けて……音を立てて」

 男に言われた通りレイチェルは口を大きく開けて、くちゃくちゃ下品な音を立てながらゆで卵を咀嚼した。

「口の中のものをよく見せるんだ……」

 レイチェルの真珠のような歯は唾液に似せた液体の糸を引きながら、男にとっての宝箱を開ける。白身の屑と溶けた黄身が口内の粘膜にはりついていた。

「口を開けたまま、大人しくしていろ」

 男の声はうわずっていた。官能を刺激されて硬くなった男根を握り、擦る。少しすると立ち上がり、男はレイチェルの口に男根の先端を向けて放出した。

 卵に精が飛ぶ。

「ああ、口の中で子作りだ! 飲み込むな、混ぜるんだ」

 レイチェルは再び咀嚼しはじめる。精水が零れるから、今度は口を閉じろと男は命令した。頬を膨らませて、レイチェルは静かに子供を作る。男はもう一度、自分を扱いた。

 やがて、男はレイチェルを呼び寄せる。

「さ、俺にそのかわいい子をくれ……まず口と、それから息子にだ」

 頷くと、レイチェルは男の肩に手を置き、大きく開いた口に位置をあわせて少し口を開く。液状の子供がどろりと男の口内へ流し込まれた。

 味わいながら男は扱きつづける。レイチェルは屈んで、天を向く男根に残りの子供をかけた。途端、男は放出した。

 それから、ゆで卵がなくなるまで行為は繰り返された。


 タイプ三「ジェシカ」は十五歳くらいの外見で作られた少女である。少年のような中性的な顔立ちに、明るい茶色のショートカットがわんぱくそうな雰囲気。

 天蓋のついた広いベッドに、壁には美しい貴婦人が描かれたロココ調の絵画がかけてある寝室。優雅な趣味を持つ老紳士の客はジェシカと共に、ベッドに腰かけていた。

「なんとまあ、綺麗な男の子だ」

 ジェシカは男装させられていた。ワイシャツの襟にはシャボタイを巻いて、サスペンダーのついた半ズボンと紺色のハイソックスを穿き、まるで良家のご子息のような出で立ちである。老紳士はうっとりとジェシカの白く輝く太腿を撫でた。

 突然、ジェシカが老紳士を押し倒す。驚いて固まる老紳士をよそに、ジェシカはサスペンダーを肩から外すとズボンを脱いだ。

 ジェシカは股間に、黒光りしている巨大な男根を装備していた。

「おおっ……このいたずら小僧め、これ!」

 老紳士は形だけの抵抗をする。あっという間に下着ごとスラックスを脱がされて、老紳士は下半身を裸にされてしまった。

 緩い尻穴を擬似の男根が犯す。老紳士は苦悶しながらも、口元はかすかに笑んでいる。

 老紳士は受動を楽しんでいた。ジェシカの行動は、事前に命令されたものだった。

 老紳士に勃起と放出する力はない。精神を充分に満足させると、老紳士はジェシカを離れさせた。

←前次→

[一覧に戻る]

- XRIA -